FC2ブログ
Beautiful Stranger
siderMIYUKIのにっき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日暑い~。
やばいくらいに久しぶりな日記かな。7月の千葉のライブが終わってから新曲を作ろうという感じになって、普通にギターを持つように心がけてはいたものの、あまりの不甲斐なさにお題を決めてまず練習な日々です。「まずは、自分が弾いてみたい曲を見つけてトライ」とモリヤ君に言われ、選曲したのがogre you assholeの「ユウレイ」って曲です。わりと私はコード弾きな曲に心奪われて、今まできたのですが、この曲はそういう訳にはいかず、単音弾きな感じなのです。でもね、何か機会があれば、ぜひ歌ってみたい曲です。もちろん本物のほうが一億光年倍くらい良いんですよ。でも、やってみたいし歌ってみたいなって思ってしまいました。
そこでね、やっぱり心打つものは、本当に心打つみたいな単純な事が現実として理解できました。ギターを練習しながらも、やっぱり歌を歌いながらやるわけで、そうするとね、自然に気持ちがはまっていくのです。自分がやっているサイダーっていうのは、誰に習うわけでもなく、自分の思うままを出すっていうやり方だったりするけど、多分、自分が愛を感じるバンドの曲とかをカバーしたりしていると、それだけで感覚が研ぎ澄まされていくような感じがします。そういう事を積み重ねていくと、きっと、もっといい歌が歌えたり、いいギターが弾けたりるすんだと思うのです。ああ、なんで、こんな単純な事に今まで気づかなかったんだろうって思うけど、気付いてしまったから、ガンガン続けていこうと思います。言葉って器用だし不器用だし、便利だし不便だし、だから人を傷つけるし救うし。でもね、私は音楽には傷つけられた事は、ほぼないし。だから、9月のライブまでには、ちょっと成長したいなって思います。都合よく自分をたしなめるみたいな、そんな事、クソくらえって、そんなことが自然にできる人になりたいなって思います。
いい音楽に触れて、いい音楽を出していくみたいな、そんなあたりまえな事できたら最高だなって思います。ってな訳で、次回はユミットの話でもしたいなって思います。
スポンサーサイト
やっと一安心。
実は4月28日から母桂子が入院しまして、とわ言ってもわがまま病人の母はゴールデン・ウイーク中は外泊許可をもらって自宅待機だったのだけど、5月6日に手術が決まってました。入院、手術という話は聞いていたのだけど、本当に突然入院の日が決まって、その連絡を受けたのが企画の2日前。一卵性親子の私はかなりまいりました。なんか、そういう時にかぎって悪い方に物事って考えがちなんですよね。ちょっと具体的に書くと、お腹の中に腫瘍が見つかって取って調べないと何か分からないって事だったので、「もしや…」なんて事も考えてしまいました。でも、今日検査の結果がでて無事明日退院が決まりました。この間に不安がった私を励ましてくれた皆々様本当にありがとうございました。何よりの心の支えでした。
29日の企画には母も見に来てくれるという約束だったんだけど、来れなくなちゃって、やっぱり何か膝がガクガクするような感じでした。緊張っていうのではなくて、嫌なイメージが頭の中にポワンと出てきて足が震えるって感じ。でも友達がたくさん励ましてくれて、傍にいてくれて無事にライブをすることができたように思います。タイバンしてくれたバンドのメンバーにも友達が多くて、救われる思いがしました。もちろんサイダーのメンバーがくれたメールにも…。本当にうれしかったです。今思えばこの母桂子の入院騒ぎのおかげで、私は家族とか友達とか、いつも支えてくれる多くの人の大切さみたいなものを教えられたように思います。
こんな大事で大切な人たちとのつながりを絶対に裏切らないように、これからも頑張っていかないとダメだなって思います。明日、母を病院に迎えに行って来ます。

不思議な夢。
なんか、迷ったり不安だったりする時に必ず見る夢があります。
登場人物と状況がまるで同じな夢なのです。登場人物は私と私の恋焦がれる女性との二人っきり。その女性から夢の中でヒントをもらう感じなんだな…。
もわ~っとしてた頭が、その夢を見るとすっきりしてくるのです。みんなにも、そういう事ってあるのかな?本当に良きアイディアとか浮かんでくるし、前向きに物事が考えられたり。やっぱり夢ってすごいんだな…。あっ、でも、ちょっと好きって思っていた人と、超ロマンチックな夢の中でデートすると数日間はメロメロになってしまうっていうのと似ているのかな…。
いずれにしても夢ってすっごいんだなって思います。
夢ってありえないからいいのかな?私眠るのが大好きで、よく寝るんだけど、一瞬目が覚めたりするんだけど、あまりにも素敵な夢を見ていたりすると、その続きが見れる。これは才能かしらと思うのだけど、どうなんだろう?普通なのかな?
まあまあ、いい夢はいい夢として、現実の明日が良い日になるように頑張ろう…。

正確には
昨日になってしまいますが、4月12日は我が家のチビちゃん達のお誕生日です。去年の今日、ただの真っ赤なグミみたいな生物だったチビが今では立派な男の子と女の子です。ママ・ロビ子は残念なことに亡くなってしまいましたが、パパ・トビーは今日も元気にご飯を食べています。五つ子ちゃんだったチビちゃん達は、それぞれ里子に出しましたが、もらわれて行った先で元気にかわいがってもらっています。私は飼い主というより母親気分で、これからもこのかわい子ちゃんたちを大事に育てていこうと思っております。
さてさて、とうとうシングルが発売となりました。そしてレコ発も待ってます。なんか、春っぽいなって思います。これからはレコ発、そして5月のアルバム発売に向けて、ますます頑張ろうって感じですね~。ただ今日はめちゃめちゃおなかが痛いのです。なんでだろう?
ここには
書けないムフフなガールズ・トークが楽しい今日この頃。
陽子とユカちゃんと飲みに行かなくちゃ、近いうち、な今日この頃。やっぱり女の子は楽しいです。私はアメリカ人のママが、娘に何歳になろうと「my girl」って表現してもらえるような娘でいたいし、そういう私のママ桂子が「かわいい~」って私に報告してくれる陽子とユカちゃんとはギャルでいたいなって思います。
「はい、はい」って言う盛也君を尻目に私達は、花咲乙女になります、な予感!
頑張らなくちゃいけない事はたくさんあって、やっと今日何も無い一日をすごした時に、リラックスできるのに、リラックスしながらバンドの考えている自分にビックリでした。楽しいのです。みんなで何かやり遂げる感じ、が気持ち良くってしかたがありません。本当はここで全員の名前をあげて、ありがとうって言いたいけど、私としてサイダーを何かしらやり遂げた時に、バーンっと全員の名前をあげてありがとうを言いたいです。だから、そこにたどりつけるように頑張らないとな私です。何もない所から始めるのはすっごく当たり前で、私もそうだったけど、そうじゃないと「やった」感がないし、その実感がないと、快感はすごく遠い所のものになってしまうよねって思います。そして今、とっても楽しいです。が、もっともっと楽しくなるはずな近い未来に向けて魂飛ばします。
ホームタウン
でライブでした。ちょっとローカルなMCもOKなのは地元ならではの楽しみだなって嬉しくなってしまいました。店長の黒田さん、出演させてくれて本当にありがとうございます。母や友達なんかも見にきてくれてうれしいやら恥ずかしいやらの楽しい一日でした。そして前々回の251からサイダー初のPV撮影が始まってまして、こちらも無事終了しました。ディレクターのツカちゃん、カメラをまわし続けてくれたセクシー、そして私を大変身させてくれたアートディレクターの陽子姫、本当にありがとうございました。撮ってもらうのって本当に楽しいですね。でも、そういう環境作りをしてくれた三人に感謝です。私達は撮ってもらった時点で終了ですが、これから大変な作業が待っているのでしょうね。バンドって本当に沢山の人達に支えられているなって実感しています。誰が欠けても今のサイダーはないなって思います。バンドがチームになっていく感じがしています。そんな心許せる人たちの中でギターを弾いて歌を歌えるのは幸せな事です。そしてもっともっとうまくなりたいし、ガーンと行きたいしっていう気持ちがグツグツしてきます。「もっと、もっと」って思います。4月6日はシングルのリリースで29日はレコ発です。
今はそこに向けて日々できることをやっていこうって思います。ちょっと恥ずかしいけど、今夢中です。

2005/03/03 (木) ひな祭り。
子供の頃は父母が七段の雛人形を飾ってくれました。懐かしい~。
でも、良い思いでばかりではないような気がします。自分の記憶の中で一番古いひな祭りというと、あれは、何歳だったんだろう?幼稚園に通っていたかな?
ある年のひな祭りの日、親戚のお兄ちゃんたちが遊びに来てくれました。私は女姉妹の長女で、我が家には父以外の男子はいなかったんです。そしたら、父、親戚のお兄ちゃんたちとサッカーをやり始め、私を抱えながらボールを追っかけてて、絶好のパスが来た瞬間、私の事をポーンと放り投げたのです。そしたら、私の足に激痛が走って…。その時を境に私は歩かない、歩けない子になって「どうして歩かないの?」と母に毎日怒られてました。でも小さかった私は「足が痛い」って泣くしかなく…。あまりに痛がる私をみかねて母が父に「みゆきちゃんに何したの?」と問いかけたのが、私が放り投げられてから二週間後。「いいパスが来て、みゆきを放り投げたら大泣きしたんだよ…」父が打ち上け、病院に連れていかれた私。私を診察してくれた先生は「よく我慢したね」と言ってくれてお菓子を私にくれました。その後足にギブスをはめられ、看護婦さんに可愛がってもらっている間、母桂子は先生からお叱りを受けてました。つまり骨折してました。もともと歩くのが嫌いな子で、寝たふりとかして抱っこしてもらっていた私の「痛い」を誰も信用してくれてなくて、足の骨が折れていたのに「歩け、歩け」と言われてました。でも人間、本当に痛い時はふんばりがきかないのです。ましてや超チビだったし。私の一番古い記憶のひな祭りは骨折祭り。その後も、もう一度足を骨折し、指を折り、ひじを脱臼し、肋骨を折った私。もう自分の人生で骨を折ることはないだろうなって思ってます。明日は素敵なひな祭りになりますように。

今日はなんだか
落ち着かない日です。ソワソワするっていうか、「あれやらなきゃ、これもやらなきゃ」みたいな、そんな気持ちがドンドン私に迫ってくるような気がしてなりません。一つ一つをちゃんとクリアーしていけば、たいした事はないんだけどなあ…。
なんで、こんなにソワソワするんだろう…。
最近ぜんぜんパッチワークができてない。作りかけの物が私を呼んでいるような気がする。「ごめんね」と出来かけの布たちに言いたい気持ちです。目標としては春までにはラグマットが完成してて、小物入れはとっくに出来上がっていなければいけないのにね。玄関マットだって、今頃は家の玄関先で私達を迎えいれているはずだったな。「あはは」ですね。本もぜんぜん読めていない。やばい、ダメ人間になってしまう、こわ~い!
今週末は家でゆっくりするか、川越のお寺に行くかして、ちょっとゆっくり過ごしてみたりしようかな?心にゆとりを持たないとダメですよね。
そんな感じで、後二日全開で頑張ってみようと思います。
おっ、みなさん風邪などひかないように気をつけてくださいまし。
撮影だったよ。
今日はアルバムのジャケットの撮影。前回のシングルの時は私の単独撮影だったのですが、今日はメンバー全員。場所は私の実家、アゲイン。モリヘーもお手伝いに来てくれました。実家に着くと、ママ桂子がトン汁とおにぎりを用意していてくれて、私たちが陽子姫の指導のもとアンプの位置を決めたりしている間に桂子とモリヘーが朝ご飯の用意をしてくれました。お腹もいっぱいになって、いよいよ撮影スタート。まずは一人一人の撮影。トップバッターはもちろんフォトジェニック盛也先生。今日はオーディエンスたくさんだったのだけど、ひやかしにも負けず、いい顔してました。さすがです。次は私の番だったのですが、まあ普通に頑張れました。そしてタカ登場。なんかね巣鴨の貴公子になれそうな感じでした。今まさにはやりの韓国スター感全開の写真が数枚あって、面白かったです。そしてケンちゃん。もう、すごかったです。笑顔が超ステキングでした。一同「すごーい」の連発。出来上がりの写真をぜひ公開したいくらいです。そして更に全員の写真を撮っている、まさにその時、いびきをかいて眠っているモリヘー。真顔でなんかいられませんでした。「ゴー、ゴー」って、今まさに真剣な顔そしている時に、いびきが聞こえてくるんです。もう、笑ってしまって。おかげで、ものすごくリラックスできました。超楽しかった一日。そんな楽しい感じがアルバムのジャケットに反映されているといいなって思います。私も楽しみ!一つの作品を作るにあたって、大勢の人たちが助けてくれて、支えてくれて。そんな素敵なことにすごく気付かされます。だから、今できる事を全部やれたらいいなって、本当に思います。

やってしまった…。
昨日、あまりに寒くてこたつで眠ることに決めました。が、大失敗。ほんの少し私に勇気があれば…と後悔してます。風邪ひいた~。くしゃみと咳が交互にでるし、一日中鼻水止まらず、おまけに軽く頭が痛い。そして不幸は続くのです。明日はもっと寒いらしい。明日はどうしても出かけなくてはならないので、雪が降ろうが熱がでようが、関係ないのだ~。だいたい、そもそも風邪って何よ。必要ないじゃん。いらないじゃん。風邪なんてモノがあるから、ひいちゃうんじゃん。なんだか今度は鼻がつまりそうです。嫌だな~。口開いて寝るしかないし、そしたら喉が痛くなりそう。ああ、薬飲んでみよう。治るかもしれないし。みなさんも、体調管理ばっちりしましょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。